農福連携障がい者就農促進協議会 公式ウェブサイト

農福連携障がい者就農促進協議会

福祉国家を目指す我が国にあって、障がいのある人たちの社会参加活動としての就農は最も重要なテーマとして取り組むべきことです。しかし実情はたいへん厳しく、国や行政・各関係者や団体もそれぞれの立場からこの問題を推進してきました。

1人ひとりが個性的とも言える障がいの状態や程度に対し、よりきめ細やかな対応が求められるなか、受け皿となる職域の整備も望まれています。そしていま、受け皿の1つとして期待されているのが農業です。農業は、古くから障がいのある人たちの特性や適性に対応可能な職種として認識されてきた歴史があり、実績や成果を挙げている関係団体、農家、福祉施設なども数多く存在しています。

私たちは、平成24年6月1日に農林水産省の支援を受け、三重県・愛知県・岐阜県の農園芸分野の障がい者就農推進を志す人たちを中心として積極的に活動に取り組む体制を展開するべく「東海ブロック障がい者就農促進協議会準備会」を設立致しました。
折しも行政において、東海地区のみならず全日本規模の「全国障がい者就農協議会」設立が進められており、私たちも全国の関係各所との連携を視野に入れ活動をしております。
また、障がいを持った人と社会をつなぐコーディネーター(農園芸分野での中間支援人材)として「農園芸ジョブトレーナー」、「農園芸ジョブマネージャー」という専門スキルを設け、その人材育成にも努めております。こちらは、全国的にも成功例の少ない施策であり、各地からお問い合わせ・人材育成の要請依頼をいただいております。

農業者(農家・農業法人)、障がい者、福祉法人、NPO法人、行政のそれぞれを繋いだ大きなネットワークを構築し、お互いの立場から協力し合うことで実り多き社会生活の実現を目指し活動を続けてきた「東海ブロック障がい者就農促進協議会」ですが、視野を全国に広げる取り組みと、農業と福祉のさらなる関係性向上のため、この度名称を「農福連携障がい者就農推進協議会」に改めることとなりました。
今後とも、ご賛同いただける皆様と共に、豊かな「農・マライゼーション社会」の構築を推し進めるべく活動していきたいと考えておりますので、ご理解と協力いただきたくお願い申しあげます。

平成29年6月1 日
農福連携障がい者就農推進協議会

障がい者就農について…相談したいこと、知りたいこと。
それぞれの立場から一緒に考え行動すれば、
やがてそこには“笑顔の花” が咲くでしょう。

障がい者就農について…相談したいこと、知りたいこと。それぞれの立場から一緒に考え行動すれば、やがてそこには“笑顔の花” が咲くでしょう。

*1
農業者…園芸、農園、畜産、林業、
農業法人〈植物工場等〉等

農業者の立場から

農業者が抱える不安と疑問

・障がい者への理解が浅く、作業範囲がわからない。
・雇用に関して環境整備など様々な不安がある。
・雇用されている人(農園)の話が聞きたい。
・助成金など行政の支援について知りたい。
・希望はあるが、相談機関の存在を知らない。

適性への理解と少しの工夫で、働きたい人の間口は
広がってきています。

NPO 法人の立場から

出来ること

・園芸福祉士としての知識がある。
・作業指導などを行うノウハウがある。

知りたいこと

・知識を活用し、もっと役に立てる方法が知りたい。
・提供できる技術があるが、告知方法がわからない。

福祉法人の立場から

出来ること

・作業所を活用して野菜の栽培を行っている。
・放棄地の活用など、提供できるアイデアがある。

知りたいこと

・野菜の販売ルートなど、活用法が知りたい。
・農業法人の設立方法、手順がわからない。


行政の立場から

行政だからできること

・ハローワーク:雇用/就農に関する窓口。
・地域の障害者職業センター:
 障がい者に…職業訓練、技術実習。
 農業者に…職務内容、指導方法、定着の相談。
・障がい者就業・生活支援センター:職業訓練や就職
 に向けた準備支援、連絡調整など就業面や生活面
 での支援。
・地域の農政局
 各種助成金の相談など。

障がい者の就農に対する支援施策

・水耕栽培(植物工場)・土耕栽培・ハウス栽培・椎茸栽培・花木生産農園など

・福祉目的等で農作業を行いたいと考えている社会福祉法人やNPO法人
 農業者等を対象に厚生労働省、農林水産省で利用可能な
 支援施策をとりまとめたパンフレットが公開されています。
 下記リンクからお読みください。

 http://www.maff.go.jp/j/study/syoku_vision/hukushi/panfu1.html

事務局

お問い合わせ農福連携障がい者就農促進協議会事務局
[ 株式会社 緑生園・フラワーランド内 ]
TEL.0595-65-1666 FAX.0595-65-8787

トップへ